読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳之下新聞

畳の下に敷いてある新聞には、あなたの心を惹きつける言葉が書かれています。

「高い授業料だった」武雄市発自治体通販脱退の三島市長

「楽天、Amazonにつづく通販第3極」「地域所得の向上」をうたい文句に、佐賀県武雄市が始めた自治体運営型通販サイトは、開始から3年目を迎えようとしています。 2014年10月1日にはYahoo!ショッピングへの全面移転し、サイト名も変更されています。 平素より…

佐賀県武雄市発自治体通販サイト訴訟、判決へ

2011年11月に佐賀県武雄市がオープンさせ、その後全国の自治体が参加している自治体運営型通販サイト「FB良品」。 その「FB良品」に関する契約には違法性があるとして、武雄市と武雄市長が提訴されていた住民訴訟は、2014年3月14日午後、佐賀地方裁判所にお…

「地域所得向上」を目指す地方自治体通販連合の挑戦

「楽天、Amazonにつづく通販第3極」「地域所得の向上」をうたい文句に、佐賀県武雄市が始めた自治体運営型通販サイトは、開始から2年を迎えました。 各地の自治体が核となり「地域の良いもの」を掘り起こし、それを全国に向けて発信し、地域所得の向上を目指…

鎌倉市運営の自治体通販サイト事業中止 武雄市から回答得られず 不透明な幕引きへ

2013年12月19日、鎌倉市長は、武雄市などが運営する自治体通販サイトの開設を断念することを決定しました。 新聞各紙によると、鎌倉市が武雄市に対して行った問い合わせに回答がなく、開設を断念したと報じられています。

鎌倉市と武雄市とのやぎさんゆうびんがいよいよ2周目に突入

(この記事は、鎌倉市さんからお手紙ついた。武雄市さんたら読まずに食べた。の続きです) しかたがないのでお手紙書いた 鎌倉市は、武雄市に対して2度にわたり文書による照会を行っていましたが、ようやく回答がありました。 鎌倉市が武雄市に照会していたの…

鎌倉市さんからお手紙ついた。武雄市さんたら読まずに食べた。

(この記事は、武雄市発自治体通販の実態が鎌倉市議会で解明されはじめる と 武雄市発自治体通販サイト~鎌倉市は進むべきか立ち止まるべきか の続きです) 鎌倉市長から武雄市長へ、「武雄市発自治体通販サイト」の利益分配に関する照会文書が発送されたのは…

武雄市発自治体通販サイト~鎌倉市は進むべきか立ち止まるべきか

鎌倉市は「随意契約の決裁を行った契約先とは無関係の契約先と契約した」ということになり、「特定の者と契約しなければ契約の目的を達成することができない」ため随意契約にしたという理由が成り立たなくなってしまうことになります。

武雄市発自治体通販の実態が鎌倉市議会で解明されはじめる

2013年10月18日午後に開かれた、鎌倉市議会の総務常任委員会協議会。 委員からの質問に市が答弁できない場面が続き、中断を繰り返した末、延会に。議題となったのは、鎌倉市の「自治体運営型通信販売サイト構築運営事業」です。

佐賀県武雄市発の自治体通販が法廷へ

2011年11月に佐賀県武雄市がオープンさせ、その後全国の自治体が参加、全国16自治体が参加しているインターネット通販サイト「FB良品」。 その「FB良品」に関する契約には違法性があるとして、2013年10月1日、武雄市と武雄市長は、佐賀地裁に提訴されました…

続 売れるとみんなが困る 謎の通販サイトがあった

親戚のオジサンが自殺した。 突然会社をやめて、退職金を元手にフランチャイズに加盟して、自分の店を開いたのが去年の年末のことだ。 これからは自分の腕で稼いでいくと話したオジサンの笑顔は誇らしげだった。 でも、そんなオジサンの笑顔も半年程だった。…

売れるとみんなが困る 謎の通販サイトがあった

送料無料や即日配送など、熾烈なサービス競争や、1円単位の価格競争。 「いかに商品を売るか」毎日、いや毎秒ごとに激しい競争が行われている通販業界に、従来の常識を覆す「商品を売らない」という独自のビジネスモデルで挑む通販サイトがあらわれたのです。