畳之下新聞

畳の下に敷いてある新聞には、あなたの心を惹きつける言葉が書かれています。

(追記あり) 違法YouTuber が #デジタル庁 ナンバー3 の大臣政務官 という地獄

前途多難なデジタル庁にまた問題

発足初日にサーバがダウン

デジタル庁 事務方トップの 石倉洋子 デジタル監が、ストックフォトやネット記事から写真を盗用していることが発覚し謝罪

デジタル庁 事務方ナンバー2の 赤石浩一 デジタル審議官 は、NTTから約12万円の接待を受けたとして懲戒処分

接待に同席していた平井 卓也デジタル大臣は、半年後に割り勘したと会見で発表。

なにかと微妙な話題が続く デジタル庁 ですが、今度は、違法Youtuber が幹部になっていたことが判明しました。

その幹部とは、大臣、副大臣に続くデジタル庁のナンバー3、自民党所属の衆議院議員である 岡下 昌平 デジタル大臣政務官です。

デジタル庁サイトより引用

先の自民党総裁選では、総裁選では、河野太郎議員を猛プッシュしていた岡下昌平大臣政務官

河野太郎議員との関係をアピールする動画を、自身のYoutubeチャンネルである、おかしょうちゃんねる堺 にアップしています。

ちなみに、おかしょうちゃんねる堺 は、開設3か月でチャンネル登録者数は27人です。

「切り抜き動画」を違法アップロードするデジタル大臣政務官

自民党総裁選を控え、ネット配信番組 ABEMA Prime に河野太郎議員が出演し、話題になりました。

岡下昌平議員は、放送中に河野太郎議員から名前が出たのがうれしかったようで、「これからも一生懸命頑張ります」とtwitterに投稿しています。

追記: 2021年9月30日15時頃、ツイートが削除されていることを確認しましたので、魚拓を張っておきます。
https://archive.is/ERupJ


動画はABEMAの画面をキャプチャしたもののようで、岡下昌平議員の名前が出たシーンのみが切り抜かれて Youtubeにアップロードされています。



追記: 2021年9月30日15時頃、動画が非公開になっていることを確認しましたので、スクリーンショットと魚拓を張っておきます。

岡下議員がYoutubeにアップしていた動画のスクリーンショット (株式会社AbemaTV ABEMA Prime 2021年9月13日放送分より引用)

https://archive.is/u9BaD


いまはやりの「切り抜き動画」を取り入れるとは、さすがデジタル大臣政務官ですね。

でもね、ABEMAでやると普通に権利侵害だと思うんですよね。


映画泥棒方式でYoutubeに違法アップロードするデジタル大臣政務官

総裁選に向け、地元大阪で河野太郎氏と会談した岡下昌平議員。

会談の模様がMBS毎日放送のニュースで放映されたことをtwitterで紹介しています。


追記: 2021年10月1日10時頃、ツイートが削除されていることを確認しましたので、魚拓を張っておきます。
https://archive.is/TLtDN


動画をよく見ると、スマホでテレビ画面を撮影して Youtubeにアップロードしています。


追記: 2021年9月30日15時頃、動画が削除されたことを確認しましたので、スクリーンショットと魚拓を張っておきます。

岡下議員がYoutubeにアップしていた動画のスクリーンショット(株式会社毎日放送 よんちゃんTV 2021年9月16日放送分より引用)

https://archive.is/ORCud


昭和50年生まれの岡下昌平議員。
「テレビのスピーカーにラジカセを近づけて録音」してた世代ですもんね。よくわかります。

でも、デジタル大臣政務官が、テレビ画面をスマホで録画する「映画泥棒方式」Youtubeにアップするのは微妙ですよね。

政府がスマホを活用するって、そういう意味じゃないと思うんですよ。

そもそも、テレビ番組をYoutubeにアップするの権利侵害だと思うんですよ。




なぜデジタル庁は嫌われるのか

デジタル人材の育成・確保 を政策として掲げているデジタル庁。

業界と会食するだけの自称デジタル通の大臣と、デジタル音痴の幹部では、ベンダーとの交渉力強化どころか、組織内部のハンドリングもままならないでしょう。

デジタル庁にも、ITベンダーにも、社会をよくしようという志を持って働いている名もなき人がたくさんいます。

「俺は詳しいんだ」と暴走する幹部に失望し、人が去っていくプロジェクトに明日はありません。

追記 : 問題の動画が削除されました

問題の動画とツイートが、本記事の公開から3時間後に削除されました。

音声データの削除と同様、ここでもデジタル庁の体質が明らかになりました。


面白かったらブクマ・シェア・ツイートしてね!