読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳之下新聞

畳の下に敷いてある新聞には、あなたの心を惹きつける言葉が書かれています。

人口減少に悩む地方自治体と、毛髪減少に悩む人々

創作

「えっ!これはルール違反じゃないの?」

 

たった4億5千万で、人口にうれしい効果が?

なぜ、来館者が100万人突破したのか。

 

 

明らかに進行していく人口減少の悩み、ツラいですよね。

「最近、街を歩く人が明らかに減ってきた」
「隣の市との格差が気になる」
「孫から活気がないって言われてショック」

でも、さらに辛いのは、
「いろんな施策を打っても人口減少が止まらない」こと。
その間にも、行政の気持ちを無視し、人口はどんどん減っていきます。

 

「もう地域振興で失敗したくない」
                      人口減少でお悩みなら、お急ぎ下さい。

 

当社が新開発した図書館には長年の研究結果が生かされています。

貸出カードとポイントカードを一体化
どちらも四角くて薄い形をしていることに着目しました。
図書館内に書店
図書館と書店には本がいっぱいあるという共通点があることを発見しました。
話題のカフェを設置
カフェには人を集める効果があると古くから言われています。

 

「ポイントカード」「書店」「話題のカフェ」が

市民に直接働きかけます。


インターネットでも大人気
さまざまなメディアに取り上げられました

これまで何をしても反応が無かった市民にも支持されています。
街の声を聞いてみました。

「みんながおしゃれをして図書館に行くようになりました」
「観光客が増えて、売上げがアップしました」
「ここに住みたいですね」※個人の感想です

 

経済効果は、なんと20億円 ※当市調べ

 

さて、気になるのはお値段。

たっぷり5年契約、4億5千万円 のところ、なんと70パーセントは国庫が負担!
ご負担額はたったの2億5千万円です。
※運営費用は含みません。別途空間創出料1億3千万が必要です。

 

導入する自治体から聞こえる 喜びの声!声!声!

「駅前再開発とセットですすめています。街がにぎわう手応え感じてます」
「地元にこんな図書館が出来るなんてかっこいい。税収もアップしそうです」
「挑戦することが大事。起業家が集まる居心地のいい空間ができそうです」
※個人の感想です。実感には個人差がございます。

 

  

ヴィート 除毛クリーム 敏感肌用 105g

ヴィート 除毛クリーム 敏感肌用 105g

 

 

なぜサプリを選んでしまうのか

病院に行けば、実績ある薬を処方してくれます。

病院が嫌なら薬局で買うこともできます。コストコで買うと安いらしいですよ。
では、なぜ割高で効果も認められていないサプリメントを選んでしまうのでしょうか。

  • 病院や薬局にいくのが面倒
  • ちゃんと効く薬があることを知らない
  • 宣伝文句を鵜呑みにして何も調べない

結局のところ、何らかの手を打つことが目的化していて、結果を真剣に求めていないのでしょう。
手を打つことだけで満足しているのですから、当然、結果がでるはずはありません。

結果のように見えるのは、個人の感想です。