読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳之下新聞

畳の下に敷いてある新聞には、あなたの心を惹きつける言葉が書かれています。

鎌倉市さんからお手紙ついた。武雄市さんたら読まずに食べた。

(この記事は、武雄市発自治体通販の実態が鎌倉市議会で解明されはじめる武雄市発自治体通販サイト~鎌倉市は進むべきか立ち止まるべきか の続きです)

 

鎌倉市長から武雄市長へ、「武雄市発自治体通販サイト」の利益分配に関する照会文書が発送されたのは、2013年10月21日。

サイトオープン予定日の10月31日までに武雄市からの回答は得られず、鎌倉市はサイトのオープンを延期。

それ以降も回答は得られないまま、3週間が過ぎています。

 

 

鎌倉市:ネット通販延期 佐賀の武雄市、資料請求に回答なく /神奈川

毎日新聞 2013年10月31日 地方版

 鎌倉市は30日開かれた市議会総務常任委員会の協議会で、31日に予定していた名産品を通信販売するインターネットのサイト開設を延期すると報告した。

 市は、佐賀県武雄市と民間2社で構成するF&Bホールディングス企業連合(福岡市博多区)に通販サイトの開設と運営を業務委託していた。ところが、同委員会の中沢克之委員長は今月18日に開いた協議会で、消費税の支払いが記載されている同連合との契約について「納税義務のない武雄市に消費税を支払う必要はない」と指摘。企業連合の出資比率や分配比率などの資料を武雄市などに請求していた。

 しかし、武雄市側から文書による回答がなかったことから、鎌倉市が開設の延期を決めた。

 文書回答しなかった背景について、企業連合の協定書の違法性を問う住民訴訟武雄市が起こされているためと鎌倉市は推察している。

 通販サイトに参加を予定していた8業者について、市は「延期を了承してもらった」としている。開設時期は「疑問点を明らかにし一定の理解を得た上で、一日も早く開設したい」と述べるにとどまった。【松永東久】

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20131031ddlk14040247000c.html

 

鎌倉市の担当者は「武雄市は分配を受けない旨の回答を口頭で得ている」と答弁しています。また、企業連合の代表構成員も、鎌倉市からの照会に「武雄市への分配は予定していない」と文書で回答しています。

武雄市からの回答内容は予想できますが、文書では出てきません。

報道によれば「企業連合の協定書の違法性を問う住民訴訟武雄市が起こされているため」文書回答が得られなかったと鎌倉市は推察しているようですが、仮にその理由であれば、裁判が終わったとしても文書が出てこないかもしれません。

 

業務委託の期間は、2013年9月9日から2014年3月31日までの約7ヶ月です。

鎌倉市は文書回答まちの状態で止まっており、サイトオープン日の目処はたっていません。

 

何の成果もなく、何も生み出さないまま、すでに契約期間の3割が過ぎてしまいました。

武雄市は、自らが始めた通販サイトに参加した自治体に対し、このまま文書回答をしないつもりなのでしょうか。

 

武雄市長のfacebookウォールに、鎌倉市の件のコメントを残しても、即座に削除されています。

 

文書での照会に回答しない武雄市役所と、facebookのコメントを削除する武雄市長。お手紙食べた状態です。

 

「文書回答ができない何らかの事情」が武雄市にはあるのかもしれません。

しかし、この通販サイトへの出品を待たされている鎌倉市の企業がいること、そして、鎌倉市の緊急雇用創出事業として行われるこの事業によって、雇用される人がいることを忘れてはいけません。

 そして、緊急雇用創出事業は、自治体負担率0割 ー つまり100%国税です。決して鎌倉市だけ、武雄市だけの問題ではありません。

 

続きます